雑記

社格で仕事を選ぶことはオワコンなのではないかという話

こんにちは!cocoです!

今回は、雑記です。

自分の考えをまとめてみたいと思ったので書き出します。

社格で仕事を選ぶことはオワコンなのではないかという話

日本型終身雇用制度はもう維持できない。

今朝のニュースでトヨタ自動車の社長がこういった発言をしました。

中西会長の発言しかり、日本トップ企業の社長の発言しかり、終身雇用制度はすでに今の時代は終了していると考えていく必要があるようです。

たとえ社格のある企業に入ったとしても、若いうちはいいのですが給料が上がる45歳以上になったときに企業側の負担が大きくなり企業がやっていくうえで社員を雇用し続けるのが難しいということでしょう。

名前が通っているというだけで安直に仕事を決めるのはよくないかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

では今の時代をどう生き抜くのがいいのか?

終身雇用制度に期待を持てないと考えると、今考えられる最良の選択は自分のスキルを高めて、今そのスキルを高く買ってくれる企業に勤めるのがいいのではと思います。

あくまで雇われる生き方をするのならという話です。

自営業などを目指していくのもいいと思うのですが、資金的な余裕がないと厳しいと感じます。

従業員として、現実的に生きていくことを考えるとどこかの企業に潜り込んで、スキルや経験を積み違う企業に転職をする。

その際の賃金交渉でこのくらいのスキルがありますので、給料をあげてもらいたいというのが悪くない選択なのではないかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自信の現状を踏まえてどう生きていくか

僕自身、いま行っている仕事はほかの企業で通用するかといわれればまず無理だと感じるので、あまりスキルが身についていないと思います。

あと自分に合っていない仕事だとも感じています(笑)

雇われの身で働くのであれば、ある程度なんとなく好きな分野の自分に合っている仕事でなおかつほかの企業でも需要がある分野の仕事を見つけていくのがいいかなと感じます。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です