雑記

瞑想のやり方まとめ!取り入れいている有名人を紹介!参考本あり!

こんにちは!cocoです!

今回は、瞑想のやり方と瞑想を実践して生活を送っている著名人の紹介をしていきたいと思います。

世間的に結果を残している人の本を読んでいくと呼吸に関する記載がある場合が多いことに気づきます。

明確に瞑想という言葉を使っていなくても深呼吸が大切などと書いてあり、呼吸を意識していることがわかります。

瞑想(呼吸法)を意識している著名人をまとめてみたのでよかったら見ていってください。

瞑想のやり方まとめ!取り入れいている有名人を紹介!参考本あり!

スポンサーリンク

瞑想(マインドフルネス)のやり方を紹介します。

マインドフルネス瞑想のやり方を一通り書いていきたいと思います。

1.背筋を伸ばし座る

2.吸ってはいてをゆっくりと繰り返し、呼吸に集中する

3.雑念(過去の嫌なこと、未来の不安なこと)が頭に浮かんできたら、そのことに気づきまた呼吸に集中する。

これを5分から15分くらい定期的に行うとメンタル不調になりにくいといわれています。

近年、科学的な根拠も出たようで欝の薬を飲むのと同程度のメンタル改善の効果が見込まれているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

瞑想(マインドフルネス)を取り入れている著名人

メンタリストDaiGoさん

最近、かなりの本を出版されているDaiGoさんの著作の中で瞑想が頻繁に出てきます。

自身も瞑想をしていると動画などで語っています。

今に焦点を当てることができるからここまでの執筆活動ができるのかなと考えたりします。

ノバク・ジョコビッチ選手

現在、テニス世界ランキング1位にいるノバク・ジョコビッチ選手も瞑想を生活の中に取り入れていると著書で語っています。

本の中では、明確に瞑想という言葉を使っているので意識して行っていると考えられます。

本書では、瞑想を積み上げてきたおかげで、瞑想の時間が取れなくても脳機能は自動的に上がったと書かれています。

それほどの実感があったということでしょう。

長谷部誠選手

日本代表の長谷部誠選手も意識して心を鎮める時間をとっているそうです。

30分間呼吸に集中する時間をとっているとの記載が本にあります。

瞑想という言葉を使っていませんが、これに近い状態を自らが作っていると思われます。

稲盛和夫さんやスティーブ・ジョブズ、イチロー選手も行っています

経営者や起業家、プロスポーツ選手など第一線で活躍する著名人が瞑想を行っています。

科学的根拠もでたこの瞑想なのですが、かなり人生をよりよいものにしてくれるものではないでしょうか。

効果を実感するには、定期的に継続する必要があります。

そのあたりが若干ハードルをあげているような気がしますが、コストゼロで行える手軽で効果的な手法として最もおすすめできるストレス解消法だと思います。

今現在の積み重ねが未来を作っていくことを考えると、今に集中することができるマインドフルネスというものは人生をよりよくするための優秀な手法のひとつなのではないでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です