雑記

現実世界でインプットしないとブログでアウトプットできないという話

こんにちは!cocoです!

今回は、ブログ書いていて感じたことをボソッとつぶやきます。

誰かの役に立つかはわかりません。

現実世界でインプットしないとブログでアウトプットできないという話

結局は、ブログは現実世界のことを文章にしてアウトプットする行動な気がします。

僕が今思っているブログの使い方として、現実世界で体験したことや経験したことを文章にしてネットの不特定多数の人にアウトプットして誰かの役に立てたり、悩みを解消できればいいなという感じで使っています。

もちろん、ただの雑記や日々のネガティブ要素も入っていますがそれも含めて今現在経験していることのリアルです。

なにが言いたいかというと、ブログを書くにしても日々の生活の中でインプットする要素がなければ書けないということです。

小説を書いているわけではなく、エッセイなんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どのインプットが誰に引っかかるかわからない

ブログ書いていて思うのが、どの読者のニーズを満たしているかわからないところです。

読者のペルソナを意識して書けということを本に書いてあったのですが、どんなタイプの人がこの記事を読んでいるかわからないのにペルソナの設定もないのではないかと思います。

日常のインプットですが、読んだ本を記事にアウトプットするのも、仕事で体験したことを記事にアウトプットするのも、競馬のことをアウトプットするのもこのブログを読んでいただいた人の中のだれのニーズに合っているかわからないということがあります。

この記事書いてて意味あるのかなと結構思いながら書いている時があります(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕の目的としては、今のところこのブログで生活できるようにしたいです。

なので、方向性としては数うちゃ当たるをやっていくしかないのかなと思ったりします。

ならば、いろんな体験や経験をしてこのブログを充実させていくことが重要なのかなと思います。

というブログ初めて半年経ちそうな男のつぶやきでした(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です