試験勉強にオススメの本!東大主席が教える七回読み勉強法

こんにちは!cocoです!

今回は、書評を書いていきたいと思います。

本のタイトルは、東大主席が教える七回読み勉強法です。

著者は、山口真由さんです。

このかたは、東大主席でなおかつ国家公務員一種を受かり、弁護士やられている方です。

試験勉強のエキスパートといって、過言ではないと思います。

今の日本にこの人より、難関試験に受かっている人は他にいないのではないかなと思います。

この本のなかでは、主に勉強法について書かれています。

ここでも、インプットとアウトプットについての記載があります。

いわゆるできる人というのは、この二種類のどちらかに長けている人だと書かれています。

アウトプット型は、書くと話すが得意です。

インプット型は、読むと聞くが得意です。

社会に出るとアウトプット型の活躍が断然目立つそうです。

まぁ、アウトプットしていた方が記憶に定着よいので、当然と言えばそうなのかもしれないですね。

この本では、ざっとでもいいから七回読むことが大事だと書いてあります。

頭のなかに真っ白なノートがあるイメージをして、理解しようとせずサラサラと読むことが推奨されています。

七回インプットするといいよね!みたいな感じでかかれていると思っていいです。

プラスで、六回目以降のインプットの際に、書くと言うアウトプットを加えるとより記憶に定着するとのことです。

勉強に行き詰まった方にオススメです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です