書評 伝える力 著者 池上彰

こんばんは!cocoです!

今回は、書評を書いていきたいと思います。

ブログを書き始めてから、アウトプットというものを意識するようになりました。

今までの人生であまり自分の言葉を書き出したりすることをしてこなかったので、やってみてここまで楽しいものなのかと驚いています。

書くことについて今後もっと学んでいきたいと思い、先日池上彰さんの伝える力を購入して読んでみました。

この本の中に出てくる、自分が知らないことを知るという言葉なのですが、非常に重要だと最近感じています。

無知の知というアリストテレスの有名な言葉があると思うのですが、時代を超えて伝えられている概念だけあって人生を変える可能性があるものだと思います。

この本自体は、堀江貴文さんの多動力のような(こちらのほうが後に出版されています)池上彰さんの生きる上でのノウハウが書かれています。

正直、とてもためになる内容です。

池上彰さん自身が伝える仕事につかれていただけあって、文章について書かれいる項目に力を感じます。

これから、ブログを始める人、仕事で文章を使う人にとっては必読ではないかなと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です