【書評】お金がない人必見!いま君に伝えたいお金の話。 

こんにちは!cocoです!

今回も、書評を書いていこうかと思います。

本のタイトルは、いま君に伝えたいお金の話です。

著者は、村上世彰さんです。

村上世彰さんといえば、村上ファンドで一世を風靡した方です。

調べてみてわかったのですが、元官僚だったのですね。

当時は、マネーゲームしている人という印象しかなかったのですが、公務員やられていたとは思いもしませんでした。

読んだ感想として、お金に関してここまで勉強になる本はあまりないのではないかなと思いました。

なによりわかりやすい。

知識がある人が自分の知識をひけらかすために書いているような本ではなく、知識のある人が相手に伝わるようにわかりやすい言葉遣いで書かれています。

お金とは何かという話から始まります。

もともとはぶつぶつ交換で行われていた取引を貨幣という扱いやすいモノで置き換えて便利にしたという歴史があるそうです。

ここで重要なのは、お金は何かを得るための道具でしかないということです。

著者が大切なこととして言っているのは、

自立して生きていくには、お金が絶対に必要であるということ。

やりたいことをやるには、余分なお金があったほうがいいこと。

お金をもっていれば、人を助けることができること

困ったときにお金が助けてくれること

これらがあげられています。

要するに、お金ないと生きてはいけないということですね。

お金とは、対等に付き合うことが大切だと言っています。

値段だけで物事を判断すると、お金に縛られた生き方になってしまいます。

あくまで、お金は大切であるし必要ではあるのだけど、道具であり、豊かな人生を送るための手段でしかないということです。

自分なりの幸せの基準を見つけていくことが大切だと述べられています。

そして、お金に強くなるには、数字に強くなることだとも言っています。

この本を読んでから数字を意識するようになったと思います。

なにごとも数字で管理することによって、お金がたまっていっているなと感じています。

お金は、稼いでためて、回して増やすこれが基本だということが繰り返し書かれています。

自分自身、稼いでいる段階ですので、今後回して増やす方面を勉強していきたいと思っています。

非常に勉強になる一冊ですので買って損はないと思います。

YouTubeも更新中!!

YouTubeも更新しています!!

 

ぜひチャンネル登録とグッドボタンお願いします!!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です