転職

【転職】ゲームプランナーになりたい人必見!企画職は何をするのか?

こんにちは!cocoです!

今回は、ゲームプランナーになってみて仕事内容はどんなことをしているのか書いていきたいと思います。

【転職】ゲームプランナーになりたい人必見!企画職は何をするのか?

企画職って何をしているの?

企画はゲームの大まかなスケジュール管理や雑務、基本となるゲームの構想やバグチェック、必要となるゲームの素材を集め作成するなど業務は多岐にわたります。

仕事内容はそれぞれ人によって振られた仕事により異なります。

プランナーといってもバグのチェックをしている人から女性キャラクターの挙動を作っている人、数字関係の仕事をしている人、僕の場合ですと競馬のデータを作っている人など人によって様々です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ほかにどんな人と働いているの?

ゲームを作るうえで企画だけではゲームは作れません。

ゲームの挙動を落とし込むためにプログラムを書くエンジニアとゲームのキャラクターなどを製作するデザイナーと一緒に仕事をする必要があります。

企画職はこういった人たちを巻き込んで仕事をする能力が必要になるということです。

当然、その分野の知識がないと対等にコミュニケーションができないと思うので、「企画だから、ほかの職種の仕事わからないんですよね。」だと結構困ってしまうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企画職って楽しいの?

う~ん、人によりけりだと思います。

本当に何でも屋みたいな側面があるので、嫌な人は嫌だと思います。

好きな分野(競馬)のゲームのゲームプランナーでなおかつ今作っているゲームが子供のころからやっている好きなゲームなので結構許容している部分があるのですが、どーでもいいゲームのゲームプランナーをやることになったら、辞めているかも知れないですね(笑)

本当に、人によりけりです。

まぁ、周りの人はみんなゲームが好きですし楽しそうに働いているので、いい仕事だと思います。

人に楽しさを提供するのが仕事なこともあり、職場の人は面白い人が多い感じです。

体感ですが、公務員よりは面白い仕事だと思います。

ただ、終わるの遅い・・

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です